学校法人芝学園 芝中学校・芝高等学校 技術工作部

2008年度カヌー「フリーダム」製作記

 

 

4月に板を全て貼り終えました。表面を滑らかにし、パテと言う粘土のような物で隙間を埋めます。



ステムが出来上がるといよいよ板貼りです。細長い板を11枚貼り合せていきます(プランキング)。カーブのきつい箇所は、鉋で削って隙間の出ないよう調整しました。

200712月から2008年の合宿に向け、二人乗りのカヌーを製作しました。

 今回は米杉という柔らかく、樹脂の付きがよい木材を使用しました。

トラブルが多かったものの、目標としていた2008年合宿で浮かべることができて本当に良かったです。
次も迅速かつ的確な作業をしていきたいです。

帰ってから補修を行い、学園祭では無事に展示出来ました。(写真中段)

 714日に合宿地の竹岡臨海寮で進水式を行い、処女航海が出来ました。

 しかし、数回目で中央の補強材(スウォート)が取れてしまい、
 航海を中止せざるを得ませんでした。

合宿出発日も使って補強材を入れ、ニスを塗って完成させました。

 隙間をなくすと、いよいよ樹脂塗りです。
 しかし、ここで問題が発生しました。なぜか樹脂がなかなか乾きません。
 合宿直前の7月まで作業を続行しなんとか塗り終えましたが、内側の樹脂に空気が入り
 汚くなってしまいました。

 木材を蒸気で蒸すと約30秒間はよく曲がるようになります。
 その間に先端部分のモールドに蒸した木材を固定し、一晩乾かして固まるのを待ちました。

 出来上がったモールドは作業用船台(ストロングバッグ)の上に並べられます。

 モールドの取り付けを終えると、先端部分の部品(ステム)を曲げる作業を行いました。

設計図をもとにベニヤ板から型(モールド)を切り出し(かんな)で正確に調整します。

 

 年が明けて2008年になりました。