学校法人 芝学園 芝中学校・高等学校 技術工作部

2010年NATSCUP 報告

技術工作部は6月5日に開催されたNATS杯第20回省エネ競技会に参加いたしました。

今年新たに製作しているマシンはこの大会までに間に合わなかったため、今までに製作してきたマシン3台と、新しくプラダンで作ったマシン1台で出場しました。

開会宣言はなんと芝学園がすることになりました。

大会中の様子

新作のプラダンのフルカウルマシン

この大会で優秀な成績を出しているチームの車を見ることが出来ました。 中間軸の補強や空気抵抗について教わることが出来ました。

特別賞をもらうことができましたが、4台中3台がリタイアする結果に終わってしまったので、この賞は来年はもっとがんばってくださいという大会の方々からの気持ちが込められているものだと感じました。
次の大会ではもっといい成績を残したいと思います。

大会ではテントの屋根を忘れたり、掃除機の故障で徒歩40分のホームセンターまで買いに行ったりするトラブルがありました。

また、この大会では惰力走行会がありました。 坂の上からエコランをエンジンをかけずに惰性のみでどれだけ転がるかを測定できるものでした。
芝学園のマシンは転がらなさ過ぎて測定値がでませんでした。 
この結果は現在のフレームの剛性が足りなかったためおきたことでした。 今年製作するマシンは剛性に注意して製作することになりました。

袋を開けると屋根がありませんでした。

ホームセンターでの買い物